応募する
応募締切10/16

Our Theme
Our Theme
Ebisu Sustainable City
Business Contestとは
Ebisu Sustainable City
Business Contestとは

私たちサッポロ不動産開発は、「恵比壽ビール」発祥の地である恵比寿に、職、遊、住が融合した複合都市「恵比寿ガーデンプレイス」を開業して以来25年、持続可能な「まちづくり」に取り組んでまいりました。

今回のビジネスコンテストでは「持続可能な、未来のまちづくり」をテーマに、複合型再開発事業の先駆けである私たちと共に、持続可能な社会が当たり前となる未来を実現していく想いのある起業家のビジネスプランを募集いたします。

Focus Area
Focus Area
募集領域
募集領域

下記領域以外にも、既存ビジネスに捉われない
新しい発想や技術を幅広く募集いたします。

  • 住む/食べる/働く
    住宅の省エネルギー化やフードロスの削減、ワークシェアリングなどの新しい働き方に関する領域
  • モビリティ/ロジスティクス
    EVなどのゼロエミッションビークルやMaaSやシェアリングなど移動手段の最適化に関する領域
  • 環境/エネルギー
    環境保全や新素材、バイオマス燃料などの再生可能エネルギー、スマートグリッドなどのエネルギーの最適化に関する領域
  • その他
    上記に限らない「持続可能な、未来のまちづくり」につながる、AI・ドローン・ブロックチェーンなどの技術を活用した領域や、不動産テック等のX-Techの領域
SCHEDULE
SCHEDULE
スケジュール
スケジュール
  • 2019/
    07/17

    応募開始

  • 2019/
    09/17

    早期締切

    早期期限までにエントリーされた応募者の方には、ご希望に
    応じてフィードバックさせていただく可能性がございます。

  • 2019/
    10/16

    応募締切

  • 2019/10
    ~2019/11

    選考期間

    ピッチコンテストにご参加いただくチームを
    選考させていただきます。
    面談選考の実施場所は恵比寿を予定しております。

  • 2019/
    12/17
    予定

    ピッチコンテスト

    実施場所は本年秋、恵比寿ガーデンプレイスに開業する
    複合ワークプレイスを予定しております。

※スケジュールは予期なく変更される場合がございます。
CASE
CASE
持続可能な「まちづくり」の取組事例
持続可能な「まちづくり」の取組事例

ゴミ空気輸送システム

敷地内各施設からの地下パイプラインを通して空気を利用しゴミを回収しています。その速度は生ごみで時速50km、紙ごみで時速90Kmにも達します。これにより、ゴミ収集車の削減を実現しています。また、ゴミの分別も徹底し、臭気やゴミの散乱等の不衛生を防いでいます。

中水道システム

店舗等からの排水をろ過し、トイレの洗浄水や街路樹の散水として再利用することで、サーキュラーエコノミー(※)の実現へ貢献しています。

オープンスペース

敷地の約60%をオープンスペースとして確保しています。

地域冷暖房設備

コージェネレーションシステムからの排熱を再利用し、未利用エネルギーを有効活用しています。また、雨水を冷凍機用冷却水として利用することで冷却水の約25%を補給し、その量は年間約25,000m3にも達します。

※サーキュラーエコノミーとは?

資源や製品を経済活動の様々な段階(生産・消費・廃棄など)で円を描くように循環(Circular)させることで、資源やエネルギーの消費、廃棄物の発生を少なくすると同時に、その循環の過程でも価値を産み出すことによって、経済成長と環境負荷の削減の両立を目指そうという経済(Economy)の概念。

出典:国立環境研究所
http://www-cycle.nies.go.jp/magazine/mame/201805.html

OUTLINE
OUTLINE
募集要項
募集要項

私たちサッポロ不動産開発は、「恵比壽ビール」発祥の地である恵比寿に、職、遊、住が融合した複合都市「恵比寿ガーデンプレイス」を開業して以来25年、持続可能な「まちづくり」に取り組んでまいりました。
今回のビジネスコンテストでは「持続可能な、未来のまちづくり」をテーマに、複合型再開発事業の先駆けである私たちと共に、持続可能な社会が当たり前となる未来を実現していく想いのある起業家のビジネスプランを募集いたします。

事業領域 ・住む/食べる/働く
住宅の省エネルギー化やフードロスの削減、ワークシェアリングなどの新しい働き方に関する領域
・モビリティ/ロジスティクス
EVなどのゼロエミッションビークルやMaaSやシェアリングなど移動手段の最適化に関する領域
・環境/エネルギー
環境保全や新素材、バイオマス燃料などの再生可能エネルギー、スマートグリッドなどのエネルギーの最適化に関する領域
・その他
上記に限らない「持続可能な、未来のまちづくり」につながる、AI・ドローン・ブロックチェーンなどの技術を活用した領域や、不動産テック等のX-Techの領域
選考基準 ・事業創造への本気度、能力、チームワーク、バックグラウンド、リソース調達力など。
・課題、変化に対するソリューションの独創性、革新性。
・ビジネスプランの新規性、成長性。
・恵比寿での展開可能性
・上記を中心に、社内および社外の審査員により総合的に判断をいたします。
事業ステージ 事業ステージは不問です。プラン企画段階・検証段階の独立起業志望者から、事業化済み・資金調達済みの起業家・スタートアップまで歓迎いたします。
参加企業・ チーム 法人もしくはチームの代表者がビジネスプランの実現・加速にフルコミットしている。
※個人、法人いずれでも応募可能ですが、複数人のチームを歓迎いたします。
※年齢・国籍不問です。
その他の条件 ビジネスプランはチーム(人)で複数プランを申請していただけます。その場合プラン毎に申請書を作成していただき、1件ずつエントリーしてください。また、一度提出したビジネスプランの申請書を修正・再提出することも可能です。
書類提出先 下記、「応募する」ボタンよりお申し込みください。
提出物 ① 指定のWebフォームからの申請【必須】
※下記「ピッチコンテストに応募する」よりWebフォームに進み、必要事項を記入してビジネスプランを申請してください。

② 補足資料【任意】
※上記①の内容を補足する目的で、追加資料を添付していただけます。補足資料の提出は任意、書式は自由で、PDF形式で作成してください。ページ数は10枚以内で、簡潔な資料作成をお願いいたします。

※秘匿情報について
NDAを締結いたしませんので、秘匿情報に関しては記載されないようお願いいたします。選考時やピッチコンテスト時も同様に、発表されませんようご注意ください。
プライバシーポリシー お預かりした個人情報は、本コンテストに関するご連絡等のため、サッポロ不動産開発株式会社の「プライバシーポリシー」および株式会社ゼロワンブースターの「プライバシーポリシー」に基づき適切に利用させて頂きます。
お問い合わせ お問い合わせはこちらからお願いいたします。
  • サッポロ不動産開発株式会社
    サッポロ不動産開発は、サッポログループの不動産会社として1988年に設立されて以来、恵比寿・銀座・札幌を中心に事業を展開してきました。

    1993年にはサッポログループ創業の地である札幌に「サッポロファクトリー」を、翌年1994年には「恵比壽ビール」発祥の地である恵比寿に「恵比寿ガーデンプレイス」を開業し、25年を迎える今も、それぞれまちのランドマークとして大変多くのお客様にお越しいただいています。

    当社は、これからも、そのまちに住む人、働く人、行き交う人々など、様々な生活者が集い、楽しみ、憩う魅力的な「まちづくり」に取り組んでまいります。そして、「まちづくり」を通して「豊かな時間」と「豊かな空間」を創り、育むことで持続可能な地域社会の創造に貢献していきたいと考えています。
  • 株式会社ゼロワンブースター
    01Boosterは、初期メンバー全員が大企業を辞め、独立起業したため、その相互支援拠点となるべくスタートしたのが始まりです。創業/運営メンバーのほとんどが、大企業での新規事業開発、ベンチャー起業そしてEXIT(IPOやM&Aによる事業売却)までを併せて経験しているという日本では稀有な精鋭メンバーで運営しております。

    大企業とベンチャー企業双方の文化と行動様式を理解したアクセラレーターの存在がオープンイノベーション成功のために必要であり、01Boosterは日本が新規事業を興せるようになるため、その役割を担い続けます。

    事業創造アクセラレーター01Boosterは、日本を事業創造できる国にして世界を変えてまいります。